海外医薬品って通販で買えるの?知って得する活用術   >   薬事法と医薬品通販

薬事法と医薬品通販

法律の天秤

海外医薬品を通販で購入するにあたり、海外から仕入れるため『輸入』という手段が取られます。これだけでは、覚せい剤の密売などあまり良いイメージに感じないかもしれませんが、厚生労働省が定める「薬事法」に基づいて取引されているため、安心してネットショッピングを利用してください。

海外医薬品に対しては原則、個人で楽しむものと定められています。また入手方法で一番理想的なのは、海外製薬会社から消費者が個人的に薬を購入するスタイルなのです。しかし、海外旅行で現地購入したものを日本へ持ち帰る方法は簡単なのですが、その度に現地へ出向くわけもいきません。また、直接海外の製薬会社からアポイントを取って発送してもらうにしても、語学力に合わせ税関の手続きであったり、法律の問題などが重くのしかかってくるため、個人で輸入するのは大変難しいのが現状です。

そのため、厚生労働省では個人輸入代行業者による『輸入手続き』を認め、海外医薬品を消費者に購入しやすくしたという事です。その上で、重要となってくるのが『薬事法』であり、厳しい法律のもと許可された上で、その代行業者は輸入販売を行えるというわけです。

上記でも説明した通り、海外医薬品は「個人で使用する目的」として許可されています。この点を間違えると、法律違反となりかねませんので、購入の際は注意が必要です。たとえば、試しにED(勃起不全)治療薬を購入し、効果効能が見られなかったため知り合いのED患者に譲った。これは、違反になります。転売などは以ての外です。法律違反にならないためには気をつけなければならないのです。

どうしても不安な場合は、厚生労働省へ問い合わせてみましょう。当省も海外医薬品に対して広く呼び掛けているので、力になってくれるはずです。